2月 24, 2017 - 未分類    No Comments

「途中でいろいろあっても、ゴールは一つ」

スクリーンショット 2016-12-28 23.38.47のコピー (1)

 

 

随分とご無沙汰してしまいました。近況です。

昨年7月、両親のいる新潟の実家に戻りました。

戻ってみて、やはり僕はここの人間だ、と強く感じました。

首都圏へ出て行ったことに後悔はないけれど、ここに留まっていたら、もっと普通の人生だったかもしれません。でも、ここに留まったとしても、やはり後悔はしなかっただろうと思います。結局、その時々、自分がベストと思う選択をしていくしかありません。二者択一を迫られた時、どちらを選んでも後悔する結果になるのか、あるいはその正反対なのか。要は正解などないのです。

こちらで、素晴らしい人たちに、出会いました。いろいろな制約の中で、皆さん、本当に頑張っておられる。僕も、ほんの少しでも、その志を後世に伝えるお手伝いができれば、と思います。

不思議なことに、首都圏で孤立していた僕も、こちらに戻って、するすると人脈ができていきます。皆さん、本当に暖かい。

ここでは、道に唾を吐く人などいないし、正直者が馬鹿を見るようなことはありえないのです。

若い友人が、「性善説は、人間は本来、よい心を持っているという意味ではなく、世の中は、善意の人たちによって動いていく、ということだ」と言っていました。ここへ戻って、そのことを実感します。

グローバリゼーションに対抗できるのは、国家ではなく、地方です。グローバリゼーションは、国境がなくなることですから、国家は中心ではなくなるのです。

まだ、オセロの盤面は、全部黒にはなっていません。ゲームは終了していないのです。

まだ、ここでやれることがある、と。

さて、お次はフーちゃんですが・・・。

3年前の5月には、フーちゃんが虹の橋に旅立ちました。よく僕みたいな人間の相手をしてくれたと、感謝しています。

今は、グーちゃん、ウーちゃんの兄妹猫と一緒です。彼らは柏の葉公園の譲渡会で、里親になりました。今度飼うときには、絶対に兄妹2匹にしようと決めていました。

譲渡会では3匹兄妹だったのですが、一番上の猫ちゃんはとっても人懐っこくて、この子は僕が貰わなくとも、誰かが里親になるだろうと、残りの2匹に決めました。ウーちゃんなどは、ケージの中で毛布をかぶって、一度も姿を見せませんでした。

里親になると決めた後で、保護団体の方が、「顔を見ますか?」といって、毛布をめくってくれましたが、それを見て「君、可愛いなあ!」と言ってしまいました。グーちゃんは、とても賢い「液状化猫」、ウーちゃんは、能天気な「弾丸娘」です。

機会があれば、これまでの諸々を報告したいと思います。

タイトルは、井上靖の自伝的な「わが母の記」の映画化の一場面です。

4月 7, 2013 - 音楽    No Comments

From a Distance

 

遠くから眺めると
世界は緑色と青
そして雪をいただいた山々の白

遠くから眺めると
大洋には川が注ぎ
大空には鷲が舞う

遠くから眺めると
大地にハーモニーがこだまし
それは希望の声、それは平和の声
それは全ての人々の声

遠くから眺めると
皆満ち足り
困窮している人はいない
銃もない、爆弾もない、病気もない
飢えもない

遠くから眺めると
私たちは同じ楽隊で行進する楽器
希望の歌を奏で、平和の歌を奏で
全ての人々のための歌を奏でる

神はご覧になっている
神はご覧になっている
神はご覧になっている

はるか遠くから

遠くから眺めると
あなたがたは私の友人のようだ
我々は今、戦争をしているにもかかわらず

遠くから眺めると
私には全く分からない
これが何のための戦いなのか

遠くから眺めると
大地にハーモニーがこだまし
それは希望の声、それは平和の声
それは全ての人々の心

それは希望の中の希望
愛の中の愛
それは全ての人々のための歌

神はご覧になっている
神はご覧になっている
神はご覧になっている

はるか遠くから
3月 16, 2013 -    No Comments

フーちゃん近況20130316

foo 20130316

とても甘えんぼになって、1日に何回も、机に上がって、ブラッシングをしてくれ、とせがみます。

元気なフーちゃんですが、最近、どうも耳が遠くなったようです。 後ろから近づいてもまるで気づかない。 視界に入って初めて驚きます。 でも全く聞こえないわけでもないらしく、私の咳の音には反応しました。 大きな声で鳴くようになったのも、自分の声が聞こえていないのじゃないかという気がします・・・。 これから、もっともっと大事にしてやります。

写真はMacでDVDを見ていると、気に入らないようで、画面と私の間に割り込んで、「はい、撫でて!」のポーズです。

2月 20, 2013 -    No Comments

塩狩峠/三浦綾子

塩狩峠

塩狩峠/三浦綾子

「一粒の麦、
地に落ちて死なずば、
唯一つにて在らん、
もし死なば、
多くの実を結ぶべし。」

冒頭の聖書の言葉はこの物語の要約である。しかも実話を基にしていると言うから驚く。
殆どの人が自己実現を究極の目標だと思っている現代の社会で、この聖書の言葉は、その上にもう一つの目標がある、と教えている。
マズローが晩年に自己実現の上に更に高度な段階を設けたのも頷ける。
それはそうだ。自己実現なんて、向こう側まで持ってはいけない。自分が死んでしまえば無になってしまう。

私は、人類がこの数千年の間、滅亡せずに生きながらえたのは、この、自分を犠牲にして周りを助ける、あるいは弱いものを助けるという、キリスト教的な精神に、多くの人々が共感してきたからだと信じている。

ともあれ、本書から受けた衝撃は大きい。本棚の奥から聖書を引っ張り出してきた。

2月 19, 2013 -    No Comments

エンデの遺言

ende no yuigon

エンデの遺言

「ミヒャエル・エンデが逝ってわずか二年後、世界は新興国めざして襲いかかる、すさまじい『マネーの暴力』を目の当たりにした。
一九九七年五月からの二ヶ月間、国際投機集団ヘッジファンドとアジアの国の間でくり広げられた通貨攻防戦の最終の勝利者は、国家ではなくマネーであった。敗れたのはタイであり、それにつづくアジアの国々であり、韓国であり、危機はさらにロシアからラテンアメリカに及んだ。
のちに『血塗れのバーツ』と呼ばれるに至る通貨戦争の過ぎさった後、勤勉な国民の永年の蓄積と日々の営為の場は打ち砕かれた。
世界をおおう金融システムとその上に乗って自己増殖しながら疾駆する『貨幣』は、人間労働の成果と自然を含む価値高い資源を、貧しい国から富める国へと移す道具となっている。
本来の役割を変えた貨幣は『利が利を生むことをもって至上とするマネー』となった。この変質する貨幣の全体が『エンデの遺言』に凝縮されている。エンデは予言している。
『今日のシステムの犠牲者は、第三世界の人びとと自然にほかなりません。このシステムが自ら機能するために、今後もそれらの人びとと自然は搾取されつづけるでしょう。』」

内橋克人さんの、こんな衝撃的な出だしで始まる本書は、NHKの番組から出来上がったものである。エンデ自身のインタビューからの引用は少ないが、その本質と背景を分かりやすく解説する。

ニューヨークのデモを、そんなことをする時間があったら、就職活動しろとか、彼らは底辺の仕事をしていればいいと言う人は、ことの本質を分かっていない。
あなた方の報酬の源泉は何か?なぜそうなっているのか、それは偶然なのか必然なのか?

2月 19, 2013 - ソフトウェア,    No Comments

iOS6 Programming Cookbook

ios6 programming cookbook

ios6 programming cookbook

iOSプログラミングのチップス集。

今や、iOSのアプリで稼ごうとするのは、とても難しくなってしまった。安価に請け負うところが山ほどある、うまみの少ない領域だ。
一方でアマチュアが遊ぶには、これほど面白いものは無い。とにかく楽しいのだ。商売にしようなどと考えない限りは。

去年の11月時点で、iOS6をまともに扱っている本は、これくらいしかなかった。

守備範囲は広いが、個々のトピックは、詳しくはない。しかし、本書で概要を得て、さらにAppleのドキュメントを探すというのが良いと思う。
よくある入門書の、画面イメージを沢山使って、コードを書く前の環境設定で大量のページを割くという愚かなことはしていませんので、ご安心を。サンプルコードも、よくある、最も単純な例ではなく、もう一歩突っ込んだ例になっています。

個人的には、コンカレントのところとARCのところが参考になりました。

2月 19, 2013 - 音楽    No Comments

glee

glee sing

glee

昨年末頃、NHK FMでTVドラマ”glee”の特集があった。高校の合唱部の話なのですが、興味を持って、NHK Eテレで放映中の第2シーズンを見てみました。

いやあ、素晴らしい!昔好きだった、音楽高校を舞台にした「フェーム」をさらにパワーアップした感じです。すっかりはまってしまいました。
80年代の「フェーム」は、せいぜい、黒人の女の子、ラテン系の男の子くらいでしたが、今はもう、アジア系やゲイや肥満や車いすや、これでもかというくらい混沌としています。教師を含め、登場人物はみんな個人的な悩みを抱え、苦しみながらも全国大会を目指します。ここでは悪役でさえも、悩みを抱え、時に、美しい面さえ見せます。全員が憎めないのです。

これだけ格差社会になって、夢をかなえることが困難な時代にあっても”glee”は夢を諦めるな、と繰り返しメッセージを伝えます。若い人に、社会は不条理だの、とても敵わない人が沢山いるなど、後で自分で覚らせればいい。問題は今、今を一生懸命に!

音楽がまた素晴らしいのです!1つのエピソードに必ず、数曲の音楽が挿入されるのですが、(既存の曲もオリジナルもあります)振り付け含めて完成度が半端じゃないのです。いったいこの3分の曲にどれほどリハーサルをやったのかと驚いてしまいます。

また、最初は端役かなと思っていた人が、ダンスがものすごくうまかったり(ブリトニー)、リードボーカルになっても半端なかったり(カート、メルセデス)、もうこれでもかというくらい見せてくれます。

Amazonのレビューにあったのですが、「これはドラマだから、TVだから」という人がいますがアメリカの大学のイベントを見た人が、実際にこのレベルだ、と言っておられました。

まだ第3シーズンの初めの方を見ていますが、これまでの私の中でのベスト・トラックは、My Chemical Romance の “Sing”です。

「歌いきれ
少年よ、明日来るものを見極めろ
歌いきれ
少女よ、明日を作るものになれ
仲間はずれにされそうになったときにはいつも
口を開くたびにお前の声を使うんだ

少年のために歌え
少女のために歌え
おまえが何かを失うときにはいつも

心を込めて歌え
考えられなくなるまで歌え
おまえの闘志を憎む者たちのために歌うんだ

耳の効かない者たちのために歌え
目の見えない者たちのために歌え
おまえが置き去りにした全ての者たちのために歌うんだ

世界のために歌え
世界のために歌うんだ」

2月 19, 2013 -    No Comments

iPad miniでナビ

iPad navigation

iPad mini navigation

iPad miniが発表されてから、これは絶対、車のナビに使ってやろうと決めていました。
実は初代のiPadでも試みたのですが、iPad自体が大きいは、助手席の足に付けるスタンドが大きすぎて、助手席が使えなくなるは、加えて、USBのアンプからは給電できないは(iPhoneは可能)で諦めていました。

ここへ来て、全てクリア。

試行錯誤の末にたどり着いた、現状の最適と思われるソリューションは、まず、
・iPad miniのセルラーモデル(GPSが必要なため)
・1DINのipod対応メインユニット(パイオニアMVH-370:生産終了)この前のモデルはiPadはUSBから給電できませんでした。
・ホウ・コーポレーションの1DINのユニバーサル取り付けキット
・ARKONのiPad mini用ホルダー
・iPad mini用ハードケース(ホルダーの爪にがっちり捕まれるのであった方がいいです。私はTIMBERのクリアケースにしました。表の保護フィルムと干渉せずいいと思います)

・取り付けキットを販売している、ホウ・コーポレーションはとても良心的でした。最初、間違って、マツダ用のキットを買って、取り付けできないことが分かったときに、無償で交換してくれました。
・音楽と一緒に音声でナビを使うと、時間がたつとナビの音声が小さくなって聞き取りにくくなる現象に悩まされました。(音楽と相対的に小さいと言うことです。AVのボリュームを上げればいいのですが、そうすると音楽がとても大きくなってしまいます)Appleにもナビメーカーにも解決できなかったのですが、iPadのミュージックの設定で、「音量の自動調整」をオンにすることで解決しました。
・ナビアプリは「いつもナビ」「MapFan+」を使ってみましたが、一長一短ありますが、「いつもナビ」が渋滞を考慮してくれることと、シミュレーションできること、「側道に入ります」など指示が細かいことで、こちらを使っています。

 

2013年10月29日追記

経費節減のため、iPad miniの解約をしようと思ったのですが、ナビを使う限り、ネットワークの契約は必須だと分かりました。それはWi-Fiに接続されている状態で、地図を読み込んでから、出かければ問題ないのでは、と思ったのですが、問題はルートから外れたとき。新たな地図をネットワークから読み込まないと、ナビゲーションができません。GPSさえあれば、という訳にはいかないのです。

加えて、最近では、”Safety Sight”というドライブレコーダーを使っています。ダッシュボードに、スマホ用のホルダをつけて、iPhoneを固定し、シガーソケットから給電しています。運転診断までやってくれる優れものです。次に試みたのは当然、iPhone,iPadを1台にできないか、ということで、iPad miniでバックグラウンドでドライブレコーダーを動かせないか、やってみました。実はiOSの進化に従って、バックグラウンドで走るタスクに対する制限が除去にきつくなっています。iOS7では、バックのドライブレコダーが停止状態でした。残念。

1月 15, 2012 -    No Comments

梶井基次郎 「冬の日」

FuyuNoHi.jpg

何故かツイッターで流れてきた、梶井基次郎の「冬の日」の一節。今の季節にも合っていて、一発で気に入った。情景が目に浮かぶような美しい日本語に飢えているのだと思う。青空文庫で手に入るので早速ダウンロードして読んだ。30ページほどの短編で、物語らしい物語はないのだけれど、(というよりも行間に無数の物語がある)強烈に印象に残る。青空文庫が宝の山に思えてきた。さらに、こういう日本語に美を感じる人が若い人にもいた、ということに少し勇気づけられた。


「冬陽は郵便受のなかへまで射しこむ。路上のどんな小さな石粒も一つ一つ影を持っていて、見ていると、それがみな埃及(エジプト)のピラミッドのような巨大な悲しみを浮かべている。」

12月 31, 2011 -    No Comments

Steve Jobs その1

SteveJobs.jpg

“I think different religions are different doors to the same house. Sometimes I think the house exists, and sometimes I don’t. It’s the great mystery.” 


“I began to realize that an intuitive understanding and consciousness was more significant than abstract thinking and intellectual logical analysis” 
“The only instructions for Atari’s Star Trek game were ’1.Insert quarter. 2.Avoid Klingons.’” 
“I learned the truth of the Zen saying that if you are willing to travel around the world to meet a teacher,one will appear next door.” 
“The idealistic wind of the sixties is still at our backs,though,and most of the people I know who are my age have that ingrained in them forever” 
“because customers don’t know what they want until we’ve shown them.” 
“Do you want to spend the rest of your life selling sugared water, or do you want a chance to change the world?” 
“Did Alexander Graham Bell do any market research before he invented the telephone?” 
“My view is that people are creative animals and will figure out clever new ways to use tools that the inventor never imagined.” 
Jobsを養子に出した実の母に、”Don’t worry. I had a great childhood. I turned out okay.” 

ページ:1234567...138»