Browsing "モノ"
6月 3, 2005 - モノ    No Comments

VMware再び

NotePCにVMwareを入れて、試験環境を作っています。
これが実マシンを使うより数段楽。
まず複数LIMUXマシンが必要な場合でも、1台仮想マシンをインストールして、それをコピーすれば何台でも作れる。
(メモリとディスクの許す限り)
ハードの管理をしなくてもよい。
ネットワークがない環境、DHCPがない環境でも、ホストのWindowsとのプライベートネットワークを作って、試験が出来る。
ただ、今のところ2台のLINUX仮想マシンですが、HDは先日80Gに増やしたので、何とか間に合いますが、メモリが768Mではちょっと心配。
Windowsと2台のLINUXで分け合うと256Mになってしまいます。
ということで、本日、1Gのメモリを注文。256Mと取り替えて、トータル1.5Gになります。
この89,800円のHPのnx5000にはかなり投資をしています。最初に512Mのメモリ増設、次に80GのHDへ交換。
まあ、仕事で必要だということで、大目に見ています。

6月 2, 2005 - モノ    No Comments

RAID1のディスクが・・・

今週、またRAID1のサーバーのディスクの片方が壊れました。
1月に片方が壊れて、約半年が経ちました。
今度のディスクは約1年半もったことになります。
どういうわけか、今回のディスクは、RAIDボードのアラームが全く出ませんでした。
当然通知メールも飛びません。
ただマシンが立ち上がるときに、HDがdegradeのメッセージが出ただけです。
早速HDを注文。
もうSATAの規格はSATA/2になっているのですがAdaptecに問い合わせると、使えるはず、ということ。
サイズも120Gは少数派になってきています。
1月には9110円でしたが、今回は8,060円でした、ありがたいことに・・・。

5月 31, 2005 - モノ    No Comments

時間をお金で買う

仕事用のノートのHDが足りなくなってきて、(30Gのうち27G以上が使用中)、80GのHDを買ったのですが、ソフトを入れなおすのに時間がかかりそうで、先延ばしにしていました。
多分、1日、つぶれるでしょう。
それで探したのが1,980円のTrue Image Personal
ディスクイメージを作ったり、それを復元するソフトです。
かかった時間は、
まず、ディスクイメージの作成(30分)
起動CDの作成(1分)
HDの交換(30分)
ディスクイメージの回復(20分)
合計、1時間半もかからずに完了。
時間をお金で買ったいい例です。

5月 2, 2005 - モノ    No Comments

天空の鯨


数年前から、Second Natureというスクリーンセイバーを使っています。
割と単純な、スライドショーなのですが、目を愉しませるイメージのコレクションと、利益を自然保護に使っているということから愛用しています。
20枚くらいのイメージの入ったコレクションを30ほど持っています。
もう見たことのないイメージはないだろうと思っていたのですが、今日、始めてみるイメージがあり、少し癒された気分です。
空のような、海のような、宇宙のような、昼のような夜のような不思議な絵画です。
しばし海中に思いをはせました。
なお、Second Natureは数枚のイメージのついたフリーのスクリーンセイバーを配布しています。イメージは年に何回か変ります。

4月 22, 2005 - モノ    No Comments

プリンタその後

異音がするRicohのCX3000。
今日、9時半ころサポートに電話したら、12時前にはサービスマンが到着しました。
この音はマシンが初期化を行っている音で、電源を入れたときや、長い間使っていなかったときに、初期化が行われるそうな。
この場合は、印刷が終わるたびに初期化が走っていたのですが、ドラムがしっかり固定されていなかったらしく、サービスマンがドラムを入れなおしたら、2回目の印刷以降は音がしなくなりました。
省エネモードでは無音なのですが、数時間たって印刷すると、また初期化が走るのはしようがないと諦めました。
不思議と何をしている音なのかが分かると、そんなに気にならなくなりました。
それにしてもサービスマンがHOME OFFICEで膝をついて作業をしていたのですが、絨毯についていたフーちゃんの毛がズボンについてしまって、悪いことをしました。
Ricohのすばやい対応に感謝。
購入後半年間は無償保障期間です。

4月 21, 2005 - モノ    No Comments

プリンタが届く

今日プリンタが届きました。
あまりの大きさと重さにびっくり。
同じRicohのA3モノクロレーザーよりも、幅は若干狭いが、高さは高く、重い。
丁度明日がプラスチックごみの収集日なので助かりました。
結構大きな発泡スチロールがいくつも出ましたから。(省資源のはずでは?)
設定やドライバのインストールは割りとすんなりと行きました。
最初からネットワークに対応しているのは便利です。
まだテスト印刷くらいしかしていないのですが、問題がひとつ。
印刷後、省エネモードに入るまで、”コツーン”という異音が続きます。
多分、両面印刷ユニットの取り付けがうまくいっていないのだと思いますが、今日は時間がないので明日、サポートに問い合わせます。
話は違いますが、前に紹介した、ワインバーグの「プログラミングの心理学」が再版されて買えるようになりました。
全てのソフト関係者に強く勧めます。

4月 20, 2005 - モノ    No Comments

CX3000

カラーのレーザープリンターを注文しました。
機種はRicohのIPSIO CX3000。A4です。
既にモノクロのレーザープリンターは、A3のRicoh NX650Sを、まあ不満なく使っています。
今回もXEROXやCanonやNECやEpsonと比較したのですが、価格とスピードと、省スペース、ネットワーク内臓、今まで使っていたRicohの実績からRicohにしました。
Ricohはカタログを見てもプリンタに力を入れているのがよくわかります。
今回の費用は、
本体 64,000円
両面印刷ユニット 16,000円
128Mメモリ 6,467円
送料 1,500円
消費税 4,398円
合計 92,365円
もともとはお客様に提出する資料でもカラーが多くなっているな、と感じたのが動機なのですが、結構な出費となりました。
それ以外の最近の出費、
Oracle OTN Standard for Windows(Oracle 10g) 31,290円
ノートPCのHDを30Gから80Gに交換 12,000円
VMware 26,754円
也。

4月 10, 2005 - モノ    No Comments

欲しいもの

今欲しいものがあります。
お仕事用の電話機と、これもお仕事用のカラーレーザープリンター。
電話機のほうは、時々着信しない問題を解決するためです。親機と子機のPHSのどちらに問題があるか分からないし、修理に出したりして使えなくなるのも問題で、新規購入しようとしました。
でも、なかなかいい機種が見つかりません。ホームユースの電話機はたくさんあるのですが、ある程度ビジネスユースに耐えるものはありませんでした。
やはりPHSの機能は、子機としては最高水準です。電話帳300件、漢字表示、メッセージ録音、マナーモード、携帯やPHSとしては普通の機能ですが電話機の子機となるとこれらをクリアするものはありません。
それにも増して問題なのは、使ってみないと分からない信頼性。
新しい電話機に変えても着信しない問題が再現すれば、意味がありません。
というわけで今回は電話機の買い替えは断念。留守録の機能で、留守録が応答するまでの時間を長くして、メッセージを残してもらうことで、着信しない問題を回避しようと思います。
プリンターについてはまた次回。

3月 26, 2005 - モノ    No Comments

消えてゆくPHS

NTTDocomoから、お知らせが届きました。
PHSの新規受付を終了する、というもの。
同封されていたのは、携帯に乗り換えるときに割引になるクーポン券。
お知らせの文面からは、当然のことながら、PHSのサービス自体の終了も匂わせていました。
残念ですね。特に自宅の電話機の子機として使えるPHSは便利でした。
でも当面、乗り換えるつもりはありません。PHSは、月1400円、携帯は4000円以上します。
一応、バッテリーの予備は買ってあるのですけれど、もうしばらくは頑張ってもらいます。

3月 9, 2005 - モノ    No Comments

DVD-ROMドライブ

Oracleの仕事をしているうちに、(9i)そろそろ10gを用意しておいたほうがいいかしらん、と思うようになりました。
それでOTNの開発キットを調べたのですが、もうDVDなのですね。
今、9iが動いているWindows2000マシンはCD-ROMドライブしかありません。メインの開発用マシンもそうです。
これではいかんという事で、内臓DVD-ROMドライブを2台買いました。
2980円×2。
TOSHIBA(SUMSUN)ということですが、安いのは大歓迎です。

ページ:«12345678910»