Archive from 5月, 2004
5月 31, 2004 - 生活    No Comments

家の中でもきちんと

ホームオフィスだと、けっこうラフな格好で仕事をしているのですが、もうちょっと身だしなみに気をつけるべきかと今日は思いました。
きっかけはMSN Messengerを使うために、昔、フーちゃん監視用に買ったWEBカメラをPCにつないだことでした。
家で仕事をするときには、鏡を見るのは、朝起きたときと、夜歯を磨くとき、外出の前くらいです。
WEBカメラの設定画面で自分の姿を見て、あまりのだらしなさに少し驚き、即、髭剃りに行きました。
身だしなみを気にしなくていいのはメリットでもあるのですが、なにか仕事の内容までだらしなくなりそうで、仕事をしている間はきちんとしようかと思っています。
いまにビデオ電話で会議とかなれば、いやでもきちんとせざるを得ませんね。
そこでビジネスアイディアをひとつ。ビデオ電話で、きちんとしたオフィスで話している映像を予め録画しておいて、それを流す。
あるいは背景だけをオフィス風に見せる映像処理なんかどうでしょう?

5月 28, 2004 -    No Comments

「ビー帰還」

大島弓子さんの「グーグーだって猫である」は先々月号からビーの失踪を描いていました。
ちょうど連載中にフーちゃんが3週間、行方不明だったこともあって、成り行きを心配していました。
フーちゃんがいなくなったときに、ペット探偵に頼んだのも、大島さんの連載をまねたのです。
ペット探偵に怒りを感じたのも大島さんと同じでした。
近所を探し回る大島さんの気持ちが痛いほどよくわかりました。他人事ではありませんでした。
それだけに、今月の連載の題名が「ビー帰還」だとわかったときに、本当に安心しました。
マンガは3ヶ月続きましたが、実際には1週間の出来事だったようです。
汚れて、声がかれて帰ったところはフーちゃんと同じです。きっと大島さんを呼んでいたのでしょう。
最後の大島さんの言葉
「なにが欠けても
一瞬にしてくずれる
日常の幸福
とりあえず今
ここにあるのだった」
私の気持ちも同じです。慣れっこになっている日常の幸福に感謝しなければいけません。

5月 27, 2004 -    No Comments

「ウツな気分が消える本」

高田明和氏の本を読みました。その中で「ウツが消える『8つの習慣』」を紹介します。
1.「『すべてがよくなる』と寝てもさめても口ずさむ」・・・これはマーフィーの本と基本的に同じですね。
2.何事もありがたいと思えば、明るくなれる。・・・毎朝、目を覚ますたびに、お前はこう云ってもいいだろう—「目が見える。耳が聞こえる。体が動く。気分も悪くない。有難い!人生は美しい」ルナール
3.眠りのリズムを大事にする・・・眠りにはセロトニンが必要で、そのためには肉と糖分をとる。
4.1日十五分、明るい日差しの中を歩く・・・歩くことと明るい光が精神を安定させる。
5.肉と糖分を欠かさず摂る・・・トリプトファンを摂るために1日100グラムの肉を摂る。また1日1回甘いものを食べる。
6.脳の薬の使い方・・・病気になってしまった場合のアドバイス。
7.瞑想、祈りの姿勢をとるだけでも効果がある。
8.窮すれば変ず、変ずれば通ず・・・困ったことがったら考えを変えてみる。
なかなか役に立つアドバイスだと思います。

5月 26, 2004 - お仕事    No Comments

頭の違う部分を使う

今日もブレインストーミング3日目。NoteにMindManagerをインストールするのに手間取ってしまいました。
原因は例によってNorton Internet Security。2003を更新したばかりなのに、アンインストールする羽目に。
ブレインストーミングはソフトを作っているときと、頭の別の部分を使っているというのがよくわかります。
頭の疲れ方が違うのです。疲労困憊とはならないのですが、なにか倦怠感におそわれます。
今日は新ビジネスについて。新ビジネスとはいっても、ソフト開発の1部を切り出した格好です。
競合はあまりなさそうですが、顧客情報の管理のリスクや、テストした後でバグが見つかるリスクなど、高リスクと言えます。
(だから手を出さないのかしらん)
私としてはテストだけではなく品質全般のサポートをしたいのですが、うまく切り出せません。開発と密接に関わってくるからです。
ブレーンストーミングでアイディアはでてくるのですが、それをまとめるのは、少し難しい・・・。

5月 25, 2004 - お仕事    No Comments

ブレインストーミング2

昨日に引き続き、MindManagerを使って、事業展開のブレインストーミング。
私の事業での強みを考えていくうちに、新しいビジネスを考えついた。
多分、ソフト開発の能力だけを取れば、私と同レベルか、それ以上のSOHOはたくさんあるだろう。
では、私の強みとは何か?
それは会社員時代に培った、ソフトウェアの品質管理、プロジェクト管理に関する知識だろう。
それを生かせるのは、ソフトウェアの品質管理に関する支援業務ではないか?
例えば、コードのレビューをする、テストを代行する、テスト結果をレポートにまとめる・・・。
通常のプロジェクトでは、システムテストに工数の20%を、レビューにもそれなりの工数が割かれる。
また自分で作ったプログラムを自分でテストすることは、困難と言われている。(思い込み、あるいは思考の切り替えができないせいで)
このようなわずらわしい部分をアウトソーシングすることは意味があるのではないだろうか?
ブレインストーミングは続く・・・。

5月 24, 2004 - お仕事    No Comments

ブレーンストーミング

今日は、小さいながらも事業を見直すためのMindManagerを使ってのブレーンストーミング。
書き出すと結構いろいろでてきます。
こんなにもやるべきことがあったのか、という感じです。
これらをもう一度整理してから、すぐにでもできること、長期的なもの、有効性を考慮して、優先順位をつけて、やってみるつもりです。
その過程で、他の方が個人でやっておられるソフト開発のサイトをいくつか見たのですが、かなりの実力をお持ちでも、求人サイトに登録されていて、状況の厳しさを改めて感じました。
以前も書きましたが、こういう作業にMindManagerはお勧めです。

5月 21, 2004 - ソフトウェア    No Comments

自力で

4月にdotNetChartingの2.4がリリースされたのですが、これを機会に、普段、開発用に使っていないマシンでASP.NETを動かそうとして、どつぼにはまりました。
IISはインストール済だったのですが、aspxファイルが真っ白で表示されます。ソースを見ると、aspxのコードそのまま。
真っ先に疑ったのはNortonのAntivirus。スクリプト遮断をオフにしました。
それでもだめ。
切り分けのため、Nortonをアンインストールしたり、IISを再インストールしたりしましたがだめ。
もはやこれまでと、Windowsのサポートに電話。数回かけましたが話中でした。
結果的には、これがよかったかもしれません。仕方がないので自分でサポート技術文書を再検索しました。
キーワードを変えて2回目で引っかかりました。
解決策は、aspnet_regiis.exe を実行するのと、 regsvr32 aspnet_isapi.dll を実行すること。これで解決。
Nortonを再インストールしたところでまた問題が起きたのですがリブートで解決しました。
サポートを頼らず自分で解決していくことで、問題解決力がつくのですね・・・。半日棒に振りましたが。

5月 20, 2004 - インターネット    No Comments

一周年

blogをつけ始めて今日で1周年です。もっとも最初はblogという意識はなかったですが。
もともとは、仕事用のサイトを訪れた人に、私の人となりを知ってもらうこと、(そして運がよければ仕事をいただく)ことが目的でした。
それが、あまりプライベートなことは、仕事のサイトに書けない、ということで、プライベートなサイトに移動しました。
同時にDBを使った手製の日記から、Movable Typeに移行しました。
今、過去のログに目を通すと、当時のことが思い出されます。そのときそのときで一生懸命やっていたんだという自信と、勇気付けてくれる言葉にも再会しました。
もう遠い昔のことのような気がしますが。
最近は何を伝えたいのかわからないメモのような文章が多くて、少し反省です。
感動したこと、お勧めの品やサービス、読んだ本のこと、ソフトウェア開発のこと・・・明日からまた気持ちを新たに書いていきたいと思います。「公私融合」をキーワードとして。

5月 18, 2004 - お仕事    No Comments

留守電メッセージ

「スモールビジネス マネジメント」を読み返していることは、昨日も書きましたが、その中で、「電話」について。
「こと電話と周辺機器、それにまつわるサービスに関しては、お金に糸目をつけてはならない。できる限りベストの(そして、一般的にいって最も高価な)システムやサービスを手に入れよう。」
大企業と渡り合うための裏技的なものが多いのですが、例えば一人しかいなくても総合受付のメッセージを作る(総合受付は1のボタンを、担当者がお分かりの場合には担当者氏名の最初の文字を押してください)、とかバックグランドにオフィスの効果音を流すとか・・・。
そこまでやる気はないのですが、1つ思い当たったのは留守電のメッセージ。これをプロフェッショナルなものにしようと決めました。
アナウンスの録音をしてくれるところをさがしたのですが、ありました。ナレーションの宅配便
89文字(約16秒)で4097円、きれいなナレーションができました。朝10時ころ原稿を送って、夜の8時過ぎにはWAVファイルが届きました。
早速電話機で録音。準備完了です。このナレーション作成はお勧めです。

5月 17, 2004 -    コメントは受け付けていません。

スモールビジネス マネジメント

スランプになると読み返す本があります。デブラ・クーンツ・トラベルソの「スモールビジネス マネジメント」(翔泳社)です。
スモールビジネスが大企業と渡り合うための、いくらか裏技的な内容の本です。
会社名(屋号)の決め方から、立地条件、パートナーの選び方、人脈の作り方から電話のかけ方まで多岐にわたります。
ただしビジネス内容については、読者がユニークなサービス・商品を持っていることが前提となっていて著者は教えてくれません。
全て著者と知人の経験に基づいたもので理論的なものではありませんが、ちりばめられた経験談には説得力があります。
何回読んでも得るところがあり、読むたびに初心に帰らされる本です。私はSOHOを始める人に1冊勧めるとしたら、この本を薦めます。

ページ:12»