10月 19, 2008 - モノ    コメントは受け付けていません。

iMacを買っちまった

imac_20081019_1.JPGimac_20081019_2.JPG別々のWindowsとMacの開発環境を、1台のMacで代替しようと、考えていたのですが、値段を調べるだけのつもりが、ネット上で検索しているときに、割と安いものを発見し、(しかも残り2台!)衝動的に買ってしまいました。
24インチの、メモリ2Gのものをメモリ4Gに増設したものです。
金曜日に注文して、土曜の午前中に届きました。
旧Mac-miniからの移行もネット経由でスムーズに終わって、iPhone実機でのアプリ実行も確認し、Macの環境は完璧です。
Windowsの方は、VMWare Fusion2.0が23日に発売なので、Amazonで予約して、それまでお預けです。
24インチワイドは大きくてきれい。
ファンがついていないのか、音が静かなのもいいし、ステレオで音が出るのもいい。
それはいいのですが、今まで、Mac-miniでWindowsのキーボードとマウスを使ってきたので、まず、マウスで躓きました。
というのも、クリックするボタンがないことに、戸惑ったわけです。
試行錯誤したあげく、ボタンはなくとも、下方向に力を加えれば、「カチッ」といってクリックされることが判明。
さらに、環境設定で、右と左のクリック動作を分けることができる。
Mac-miniのメモリが512Mだったので、劇的に早くなるかと思いきや、思ったほどではない。
逆に、今まで512Mで、あまりストレスを感じずに、よく開発できたな、と感心。
Windowsとの違いでしょうか?BSDがベースになっているようですが・・・。

Comments are closed.