11月 11, 2008 - モノ    コメントは受け付けていません。

WindowsからMac移行のちょっとしたTips

itunes_20081111_2.jpg
・iTunesライブラリのMacへの移行・・・基本的にはiTunesのフォルダをコピー。バージョン7.7以前では日本語の文字化けもあったようですが、8.01同士では、問題ありませんでした。それで、これだけでは、曲へのパスが異なっているようで、表示された曲は使えません。いったん、すべての曲を、ファイルは保持したまま削除、「ファイル」の「ライブラリに追加」で、iTunes Musicのフォルダを指定します。これで曲は聴けるようになるのですが、今度はアートワークの一部が表示されない現象が出てきます。これはどうしようもなくて、フリーで出回っている、アートワークの設定ツールで修復しました。ちなみにデータのコピーはNAS経由で行いました。
・WindowsのIE7のブックマークをHTMLで保存して、MacのFirefoxへ移行する場合、日本語の文字化けをなくすためには、書き出したHTMLファイルに、エンコードのメタタグを追加する。UTF-8ならば、「<meta http-equive=”Content-Type” content=”text/html; charset=UTF-8″>」といった具合です。TITLEタグの前に入れます。もちろん、ファイル自体の文字コードとあわせなければいけません。
・ネットワークプリンタは悩ましい。レーザーでWindows,Macに標準で対応していたのは、Xeroxくらいですかね。それもはがきや封筒といった特殊な印刷はできない。そのためには、他社と同様、PostScriptの高価なオプションが必要。インクジェットでは、これも直結では各社ともほとんど問題ないのですが、ネットワークとなると、Epsonのインクジェットと、同じEpsonのPA-W11G2という有線/無線のプリントサーバーの組み合わせくらいしか見つからなかったです。これはApple Talkのようです。
・SkypeはMac版があって助かりました。BUFFALOのハンディホン「BSKP-U202」は、OEMらしくて、海外のサイトでようやくドライバが見つかって使用できるようになりました。
・Mac用に買ってよかったソフトは第一に、VMWare Fusion2.0、PhotoShop Element 6、は買って損はありません。お勧めです。特に前者は、Windowsから移行した人には必須です。
・最後に、Macに乗り換えたことをF君は理解できなかった。いろいろ理屈はあるけど、好きになるって理屈じゃないのですよね。

Comments are closed.