12月 28, 2008 - モノ    コメントは受け付けていません。

NETGEAR ReadyNAS NV+

今年の春から、HPの安価なサーバーで、RAID5のサーバーを構築して使ってきたのですが、いろいろと不安があって、まずディスク障害が、こちらから見に行かないと積極的には通知されない、ディスクの交換がホットプラグではない、メーカーの保証が1年で、現在では、RAID5できる同型のサーバーはない、というところでしょうか。
と心配しているところに、NTTXから、NETGEARの安価なNASの案内が。
安価とは言っても、国産同クラスの2-3倍の価格です。
NASは以前から注目していたのですが、使えるのかいまいち不安がありました。しかしマニュアルをダウンロードして見ると、これは使えそうだと。当然ホットプラグだし、障害時にメールで通知してくれるとか、UPSが使えるとか、市販のディスクが使えるとか、セキュリティもしっかりしている。小型で電力も食わないし、ディスプレイやキーボードもいらない。USBのディスクをつなげてバックアップもできるし、メーカーの5年の保証がある。
懸念はパフォーマンスとファンの騒音。
IMG_ReadyNAS_20081228.jpg昨日、届いて、早速、セットアップと移行作業。第一印象は、よく考えられたNASだと。ビジネス用途に十分耐えると思います。
心配していたパフォーマンスは、体感で、やはり今までのLinuxよりも若干落ちる。まあメモリも256だし、この程度なら耐えられるか、というところ。
冷却ファンの騒音も、HPのサーバーと同程度。深夜には少し気になりますが、これも許容範囲。
ということで、HPのサーバーは電源を落として、引退。内蔵の500Gのディスク4台のうちの2台は、NASのほうに追加する予定です。

Comments are closed.