7月 20, 2009 -    4 Comments

「最後のユニコーン」

TheLastUnicornAndTwoHearts.jpg
TheLastUnicorn.jpg日曜日に書店で見つけて、懐かしさのあまり、買ってしまいました。ピーター・S・ビーグルが68年に書いたファンタジーで、今回出版されたのは、2005年に書かれた続編(後日談)を加えたもの。実は30年以上前に、一度購入して、積ん読になっていたものです。たしか晶文社だったと思います。
ファンタジーはもう卒業したと思っていたのですが、最初のページで一気に引き込まれました。
「そのユニコーンはライラックの森に住んでいた。雌で、仲間はなく、ひとりで暮らしていた。
そして、かなりの齢を重ねていた。もっとも自分では、そのことに気づいていなかった。
海の泡のような何色ともつかない色合いだった体は、いまでは月夜に舞い落ちる雪のように真っ白だ。
しかし、瞳は澄んで活力に満ち、身の軽さも鈍っていない。
海面をよぎる影のように、目にもとまらぬ速さで動くことができる。」
今でもストーリーが頭の中でぐるぐる回っています。いとおしい登場人物たち。アルマシアとリーア、シュメンドリックとモリー、そしてユニコーン。忘れ得ぬ1冊となりました。
ビーグルはパロディだと言っているようですが、私には、失われていく伝説へのオマージュに思えます。そして、不死のユニコーンが死すべき運命となり、再び不死となることの意味には深いものがあるように感じます。
何にもまして、そのストーリーテリングの巧みさに、物語にぐいぐいと引き込まれ、いつともしれぬ不思議な時代設定の中で途中で読むのをやめることは不可能になります。
このストーリーは1度アニメ化され、音楽を我が尊敬するJimmy Webbが主題歌をAmericaが歌っています。アニメはドイツの映画なのですが、実際はジブリが作ったと、どこかで読んだ覚えがあります。ストーリーを読んだ後で、サントラを聴くと感動もまたひとしおです。DVD化は残念ながら未だのようです。

4 Comments

  • お久しぶりデス☆HIROSHIさんもフーちゃんもお元気ですか?
    一度・・かなり前にコメントしたのですが、
    やっぱり上手くいかず(^^;)どんくさくてスミマセン。
    サインインしてから・・というのもよくわからなくて(^^;)
    mixiもサボリすぎて・・クモの巣がかかってそうで怖くて行けない状態です(笑)この「最後のユニコーン」という本、面白そうですね☆いつか必ず読んでみたいです。HIROSHIさんオススメのファンタジーなら楽しく読めそうです!

  • ヘルミーネ☆さん、お久しぶりです。
    こちらは、フーちゃん共々、元気です。
    コメントしずらくてすみません。サインインだとできないので、「匿名でコメントする」にしていただけたらと思います。
    先日、ヘルミーネさんのブログでヴィアンを発見して、コメントしようと思ったのですが、今はコメントできないようになっているのですね。すこし悲しかったです。
    ヴィアンは学生の頃、大好きでした。ラストのネコとネズミのシーンは忘れられません。ほほえましいのだけれど、衝撃というか・・・
    ヴィアンの長編で、「北京の秋」というのがあるのですが、これもかなりお勧めです。
    「最後のユニコーン」も是非是非。これはラブ・ストーリーでもあるんです。久しぶりに小説を読んでみて、やはり本の持つ力ってすごいな、って。それとJimmy Webbのサントラもなかなかいいんですよ。
    では、また、ヘルミーネ☆さんのブログにコメントできるようになりますように・・・

  • フーちゃんもHiroshiさんも二人ともお元気そうで良かったデス♪
    星チョコは自分だけの記録という意味合いで深い意味もなくコメント欄を消してしまいました☆
    こんな風にHiroshiさんからも言って頂けると励みにもなるし嬉しいです!優柔不断なので・・すぐにコメント欄を復活させたくなってしまいました(笑)
    ヴィアンを読んでいらっしゃったんですね!スゴク、よかったです☆北京の秋、すぐにチェックします☆
    アリステア・マクラウドという作家さんの「冬の犬」もHiroshiさんなら好きじゃないかなぁ・・って思います♪これもスゴク良かったんです!
    これからも良い本があればどんどん教えて下さいネ!いつもありがとうございます☆
    あのぅ・・このコメントも・・一度「入力された文字列が正しくありません」と送信出来なかったんですが・・やぱっり私ってどんくさいのでしょうか・・。文字列ってなんですか?何も知らなくてスミマセン(;;)

  • ヘルミーネ☆さん、
    本当にコメントしづらくてすみません。ヘルミーネ☆さんのせいではありません。私も自分でコメントしてときどき起こります。このメッセージの意味は、画像で表示された文字列をタイプする時に、一致しないという意味らしいのですが、どう見ても同じなのにエラーになることがあります。iとかlが間違いやすいのは事実ですが。
    もともと、海外からのロボットによるスパムコメントが多くて、こういう風にしたのですが、見直した方が良さそうです。
    学生の頃、SF作家のブラッドベリが好きだったのですが、ヴィアンはブラッドベリをフランスに紹介した人として知ったんです。私が読んだ本は、新潮社で「日々の泡」というタイトルでした。長編は、後3つくらいしか読んでいませんが、「北京の秋」が私には最高でした。当時、母がフランス語の通信教育を受けていて、テキストに、「北京の秋」の冒頭が使われたのを覚えています。
    それから「冬の犬」ですね!チェックします。
    では、また。