12月 27, 2009 - Bobby    No Comments

ボビーとのお別れ

bobby20061106_1.jpg
bobby20061106_2.jpg
ボビーとのお別れのときが近づいていました。

だんだんやせて元気がなくなっていき、医者に見せても有効な手を打てませんでした。

ボビーの最後の日は、いつものように家の中で、お手伝いのおばさんと、母の帰りを待っていました。

ボビーは母の車の音を聞き分けて、庭に迎えに出るのが常でした。

でも、その日は車の音を聞いて、一生懸命立ち上がろうとするのだけれども、もう立ち上がれない。

母が家の中に入ってくるときには、息絶えていました。

母とお手伝いのおばさんは、ボビーを前にしてしばらく泣いていたそうです。

そのときのことを私は電話口で泣いている母から聞きました。

母はボビーにあげていたご飯が悪かったのではないか、と後々まで気にしていました。

私は、そんなことはない、ボビーは幸せな一生だった、と何回も説得しましたが、それは私の本心からの気持ちでした。

母は犬の権威の平岩米吉さんのところまで出かけていって、話をしたり、獣医に死因を教えてくれと詰め寄ったり、ボビーの死を受け入れるまでに長い時間がかかりました。

それ以来、実家で犬を飼うことはありませんでした。(猫は何回か飼いましたが)

もう30年近く経ちますが、玄関には、最近まで、ボビーの大きな写真が飾られていました。

いまでもボビーが毎日駆け回っていた実家の庭に、ボビーは眠っています。

ボビー、たくさんの思い出をありがとう!

Comments are closed.