10月 3, 2010 - 音楽    No Comments

Reimagines Gershwin/Brian Wilson

ReimagineGershwin.jpg

1分7秒の1曲目、Rhapsody in Blueにノックアウトされました。超お勧め。極彩色の現代のガーシュイン。ポップスの頂点にして極北。ビーチボーイズもブライアン・ウィルソンもほとんど知らないが、このハッピーなきらきら感は、本当に聴き終わるのがもったいない39分間。いつまでも聴いていたい。ガーシュインの曲だとは信じがたいほど現代的で、60年代の香りもぷんぷんするが、懐かしさを感じさせつつ、ちっとも古くない。ストリングス、コーラス、ブラス、リードの使い方は神業である。ガーシュインと聞いて敬遠する人がいるとすれば、大変損をしていることになります。是非聴いてください。

Comments are closed.