11月 7, 2008 - お仕事    コメントは受け付けていません。

Mac化計画進行中

imac_20081107_4.jpg
2台目のiMacを買って、今まで事務用に使っていたWindowsの代わりにしました。
VMWare Fusion でWindows も使っています。
iMacに関する不満はほとんどありません。強いてあげれば、USBポートが少ないこと。本体に3つ。キーボードに2つです。本体は、UPSとHDDとキーボードでいっぱい。キーボードのポートの1つはSkypeのハンドセットに使っています。
それから2台目を買ったときは液晶に露結があって、初期不良かとあせりました。
メリットはたくさんあります。画面は大きいし、静かだし、起動は速いし、TimeMachineは便利だし、標準でステレオで音が聞けるし、スリムで場所をとらないし、電源は1つでいいし、他のMacからの環境の移行もインストールを劇的に簡単にします。
ただ、VMWareでWindowsを使うときには、やはりNativeとは少し違います。ベールを通して
触っているような感覚になることも。
Windowsにはメモリは2G割り当ててあるのですが、重いアプリをいくつか立ち上げると、動作が少しとろくなります。
iPhoneアプリの開発は、大きな壁が2つ立ちふさがっています。1つはAppleの膨大なドキュメントを丹念に調べれば、何とかなりそうな問題。もう一つは、複雑で重いアルゴリズム。これは自分で考えるしかない。現在は後者の方で、Mind Managerを使って考えを整理しているが、大きなマップになってしまった。週末でもうひと頑張りします。

Comments are closed.