9月 23, 2004 - モノ    No Comments

テレビの寿命

長年使っていたSONYのモニターが調子悪くなりました。
バシッという音と共に、色調が青っぽくなりました。何度か修理して、使ってきたのですが、そろそろ引退かなと思います。
今は見かけないチューナーと分離されている20型モニターですが、買った時期を調べてみると昭和57年10月31日とあります。
22年!私の会社勤めの時期とほぼ重なります。本当にご苦労様。
多分修理してもらうと2万円近く取られるでしょう。代替品を、と思って探したのですが、プラズマや液晶は、高すぎて問題外。
CATVを使っているのでBSのチューナーも要らないし、なるべくシンプルなものを、と思って、やはりSONYのKV-25DA65にしました。
本当はスピーカーも要らないのですが。
通販価格は税込み30,800円+送料です。あまりに安くて心配になります。画面は20型から25型へアップしますが、奥行きは同じくらい。
ところでモニターと同じ時期に買った、チューナー(セレクター)は、まだ健在です。

Comments are closed.