3月 15, 2007 - モノ    コメントは受け付けていません。

物欲に負けた ThinkPad T60

tpt60_fpr_14_r_lv.jpg
ThinkPad T60
64_compaq_nx5000_0005_rt8.jpg
NX5000
ジェリー・パーネルの「続・混沌の館から」は、PC好きにはかなり、面白いです。
実は、この前みつけたばかりなのですが、その中で、パーネルは、ThinkPadを強く推奨しています。
こんな具合です。
「実用性という点でレノボのThinkPadラップトップに優るものはなく、実務に携わる人々に推薦する。ちゃんと動く。強く推薦する。」
去年の4月からの内閣府のお仕事で、現地で、ThinkPadを操作することが多かったのです。
これが、パーネルの使っていたと同じ、T42pという機種。(パーネルはもっと新しい機種を購入しましたが・・・)
これは、かなりいいマシンでした。スリムだし、丈夫だし、早いし・・・。
使っていて、「ああ、やっぱりIBMってすごいな」と欲しくなったことは事実。
それに、今回のパーネルの記事。
悩みました。
現在、メインのノートは、HPのNX5000。
2004/10に購入して、約2年半使った、89,800円のA4ノートです。
10,000円のギフト券の還元があったから、実質は、79,800円。
購入と同時にHDは40Gから80Gに交換していますし、メモリも256Mだったのを1.5Gに増設しています。
今まで、客先に持って行って開発したり、デモしたり、ずいぶん活躍してくれました。
でも購入当時は、費用を節約することだけに気を取られていました。
不満と言えば、ちょっと厚いこと、ちょっとやわ、少し遅い、画面がXGA(1024×768)なこと、画面に比べて、面積が大きい、無線が802.11 a/gに対応していないこと、というところでしょうか・・・。
ThinkPadは多くのバリエーションがあるのですが、私が選んだのは、キャンペーン価格159,810円のT60。
これもHDは60Gから100Gに交換しますし、メモリも512Mから1.5Gに増設します。
これで、今までの不満は、全て解消(のはず)。
ということで、内閣府のお仕事の完了記念で、自分へのご褒美と、無理やり理由をつけて、購入ボタンをクリック!
Levonoのサイトには、古いPCを下取りしてくれるサービスも。
私のHPのNX5000は20,000円くらいにはなりそうです。
これはThinkPadのHDとメモリの費用ですね・・・。

Comments are closed.